まけブロ ←負けないブログ

すでにバツ3、もうそろそろバツ4になりそうな36才女のブログ

小学校の転校!手続き方法の順序を間違えるとこんなに面倒。


f:id:batu3therapist:20160623210612j:plain


こんにちは。
真央です。


長女の転校の時の話を記事として残しておこうと思います。
もしかしたら私のようにうっかりママがいるかもしれません。


私は夫からの暴力に逃げて、そこから別居を続けています。
何の準備もしていない中での突発的な家出です。


長女の小学校のことも、次女の幼稚園のことも考える余裕はありませんでした。

子ども達の目の前でボコボコに殴られて、私は何も持たずに逃げたんです。
そのまま警察へ行きました。


今は娘達と一緒に暮らしていますが、子ども達を置いて出て行ってしまったので、
帰ろうかどうしようか本当に悩みましたね。


転校の話でした。

本来の手続き方法は


今現在通っている学校へ、転校したい旨を伝え、必要な書類をもらう。
その書類を持って、新しい学校へ行く。

こんなに簡単なことなんです。


途中、学区を聞くために役所へ電話もしますが、基本シンプルです。


因みに新しく通う学校は選べます。
役所からは学区で学校を勧められますが、学級崩壊とか色々問題が多い学校もありますので、下調べも大切かもしれません。


私は全く調べもしませんでしたが、2年前まで学級崩壊していた学年があったみたいです。



私のように、突発的に出てきてしまったりとなると、遠方の場合は大変です。


とても大事な個人情報なため、郵送ができない可能性もあります。
実際に長女の通っている学校はダメでした。


だから、わざわざその書類を取りに行かなくてはなりません。


車のない私は、電車を乗り継ぎ、バスを乗り継ぎ行きました。


その書類をもらって、やっと新しい学校で受け付けてもらえます。


幼稚園はというと、とっても簡単でした。
荷物は全部置いたままだったので、園の方でまとめてくれていました。


次の幼稚園への紹介状も書いてもらい、
それを持って次の幼稚園の面談へ行きました。


途中入園でしたが、すんなり入れてもらえました。


幼稚園の手続きは、退園届けを書けば良いだけでした。
奨励金も、年末に現金書留で送ってくれました。
とても感謝しています。


子ども達にはとても可哀想なことをしてしまったと今でも思います。


でも、母親がボコボコに殴られる姿を見て、
泣き叫んでいたあの夜の子ども達の姿を思い出すと


これで良い。この選択で良かったんだと思います。


普通なら、スムーズにいくことも私のように
勢いで生活エリアを変えてしまうと手続きに苦労します。


わざわざ足を運ばなければならないことも多いためです。
時間も掛かります。


私が動いていたのが夏休み中だったこともあり、
担任の先生が旅行中で学校へ行った際に会えなかったり

新しい学校でも手続きが遅れて、新学期からの登校が本当にぎりぎりに決まったりとハプニングがたくさんありました。

時間に余裕をもって行動できれば一番なんですけどね。
そうもいかないこともあります。


転校手続きでわからなければ、役所へ聞くと教えてもらえます。
私は何度も掛けて、区役所側からも新しい学校へ電話をしてもらい
新学期から通えるように話をしてもらいました。


新学期になってから手続きに来て欲しいとか、
学校の都合もあるんでしょうけどそれだと遅すぎると思ったので。


次もし転校することがあれば、ちゃんと順番通りに進めたいと思います。私



それではまた〜